Facebook Facebook Twitter Instagram Youtube 藤村忠寿 嬉野雅道 星アイコン 入居者募集中

↑クリックでひらきますよ。

はい、みなさん、ご機嫌いかがですか。嬉野です。

実はこんど、ここにアパートを建てましてね、名前は「どうで荘アパート」「どうで荘」まぁ、どっちでもいいんですけど、ここに、このたび藤村さんと越してきまして。今ちょっと、荷ほどきをしたりして片付け物の最中なんですよ。

え?なんで今ごろ引っ越しなんかしたんですか?って聞きました?

いえね、とりあえず、ここにですね、YouTubeをはじめ、ぼくらが今やってることのいろいろを集めようかと、思ったという、ことなんですね。

まぁ、いろんなことの一元化というやつですか?

ですから、ほら、ぼくらの消息を知りたいときは、ここに来ればいい、このどうで荘アパートを覗いてくださればいい、そうしていただくと、今ぼくらがやってることの全部が分かる、みたいなことにしたいなぁと、思い立ったというわけです。

もちろんこれまでだったら、ぼくらの本拠地はHTBだったんですよ。

いや、もちろん、まだしばらくは、2人ともHTBが本拠地なんですが、それはまだそうなんですが。

でもね、ぼくも去年、定年退職の年を迎えましてね、今は属託の身でHTBのためにと、粉骨砕身、働いているわけですが、

でも、いずれそう遠くない未来、ぼくも藤村さんも2人ともHTBを離れますでしょう。

本当にね、そういう年齢になる日は近い、ということですよ。

そしたらね、そのときになって慌てて拠点作りを始めるというのではね、ちょっと遅すぎるかな、と思えたわけです。

それではやっぱり遅い。

やはりまだ、HTBにいるうちに、ぼくらの拠点作りは始めておかないといかんだろう、やっぱり、拠点作りは早め早めの方がいい。

そう思って、このたび、ここにどうで荘というアパートを建てたわけです。

ですからね、もうだいぶ長いお付き合いをさせていただいております大顧客の皆様方にはね、ぜひ、遊びにおいでくださいなと、本日このように、親しくご案内状をしたためさせていただいたわけでございます。

もちろん今後ね、ご希望の方には、「お部屋を分譲しますよ」とかいう話もね。するかもしれませんよ。ぼくらのことですからね。

そうしたら手塚治虫先生のいた、ときわ荘の若手漫画たちの梁山泊みたいなことになるんでしょうか。

分譲人気で混んできましたら相部屋ということにもなるかもしれませんねぇ、そしたらお近付きですから、日毎夜毎、腹を割ってみなさんの話を聞いたりもしてあげられるかもしれない。

まぁ、あくまでも、構想です。

可能性の話ですよ。ただ、そんなことも思えばね、この先もなんだか楽しそうだなと、思えるじゃないですか。

もちろんね、「分譲!」と言いますとね、そりゃ、多少の金銭も動きますよ。そりゃ仕方がない、我々だってサラリーマンでなくなるわけですからね、そこはしぶとく、皆さん方の古いお馴染みの「藤やんうれしー」としてね、そのときには、しつこく、勧誘、宣伝、そりゃもうさせていただこうと、強く思うだろうとは、思いますよ。

ということでね、本日はとりあえず、引っ越しのご挨拶とご案内だけでございましたが、また、ちょくちょく、ここで、みなさまのご機嫌をうかがおうと思っております。

・・・などと悠長にご挨拶していたのですが、もう、入居募集ははじまっているようでした。入居にかかる金銭はよくわかりませんが50円とのことです。

とにかく、いろんな場所に散らばっている活動を「ここに住んでいれば網羅できる」アパートとして考えてください。

 

やっと、集まれる場所ができました。

 

 

札幌はもう晩秋の気配でございますよ。日没が早いです。

これが毎年、実に寂しいわけです。

そして、もう、だいぶ寒い。

そんな肌寒さも日増しに強まっております、来る103日、4日、人類史上初のエアーキャラバンなるものが開催されます。どんなことになるかは想像もできませんが、どうぞ大挙してお越し下さい!

そして、バンバン買っていただきたい。

今月1028日の夜には、去年に引き続き、水曜どうでしょうの最新作が放送されます!これも楽しみ!これもえもいわれぬ面白みがあります。

そして北海道外の方にはね、HTBオンデマンドにて有料ですが、その夜のうちに最新作をご覧に入れようという手筈でございます!

それでは、これからしばらくは、手前ども、二足のワラジを履かさせていただきますが、何ぶんにも。

どうぞよろしく、お願いいたします。

記事一覧に戻る