Facebook Facebook Twitter Instagram Youtube 藤村忠寿 嬉野雅道 星アイコン 入居者募集中

書籍『週休3日宣言 水曜どうでしょうハウスにこもって考えたこと』購入ページ(通常本)

 ※現在、公式サイトではサイン本を通販しています!お求めはこちらからどうぞ!
(サインのない通常本は、Amazon(烽火書房)で取り扱っております。他の販売店の高額な商品にご注意くださいませ。)

 

水曜どうでしょうディレクター陣、初めての試み。
2020年、それぞれの「緊急事態」を、部数限定の本にまとめました。

2020年4月、緊急事態宣言発令。

「あの時はビックリしましたね」「われわれにも温度差あったもんね」

考えることもちがう、こもる場所もちがうーー。

それでも「同じ景色を見ている」二人の緊急事態。

緊急事態宣言発令。藤村、嬉野は「その時、何を考え、どう過ごしたか」

・水曜どうでしょうハウスにこもって悟った「これからの働き方」「休み方」

・還暦を過ぎて「感染症への恐怖」にとことん向き合った

水曜どうでしょう最新作のネタバレなし裏話

・自粛か、配信か…キャラバンを巡るエンタメ・コンテンツ論

・巻頭16ページ、カラーグラビア付きの永久保存版

ときに驚き、ときにすれ違いながら、たがいを理解していく旅路を追う。

ドキュメンタリーのような本ができました。 

 

※ご購入手続きへ進むと「ログイン」という画面が表示されます。アカウントをお持ちでない方は「新しいアカウントを作る」ボタンから無料アカウントを作成できます。こちらは"どうで荘"への入居(月額会員になる)とは異なりますのでご安心ください。

  

----目次---- 

(巻頭カラーグラビア16ページ)

 
水曜どうでしょうハウスで野鳥観察の刑。ーまえがきにかえて

この本について

週休3日宣言(藤村忠寿)

恐れながらも、ただそこに居る(嬉野雅道)

水曜どうでしょう2020最新作『4人だけの海外旅』を語る(嬉野雅道)

ちがう持ち場からおなじ景色を見ている二人ー「緊急2万字対談」(藤村忠寿×嬉野雅道)

「藤村さんに宛てた長いLINE」ーあとがきにかえて

あなたの持ち場から見た景色 

 

----この本について----

「半年先のことすら、誰にも予想できなくなった」

「そんな時代だからこそ、あえて『賞味期限つきの言葉』を定期刊行していくことにしました」

「どうで荘に『入居』してくれる人が居るなら、この本は回覧板みたいな気持ちで読んでほしい」(藤村)

それが、「どうで荘文庫」です。1年に1冊のペースで生の言葉を出版していく予定です。

※この自作本を取り扱ってくださる書店さまや店舗さまは、お問い合わせ からご連絡くださいませ。

 

----この本の発行元、「どうで荘」について----

20年以上にわたって番組を制作してきた「ディレクター陣」こと藤村忠寿・嬉野雅道の、キャンプ地となる本陣サイト

ネットに浮かぶ架空のアパート「どうで荘」には、ディレクター陣が暮らすツインルームがあるーー。

夜毎、飲み明かすD陣の部屋から、漏れ聞こえる身内話。
「腹を割って話そう」と乱入するのか。
はたまたツインルームを4人以上で使用するのか。

そんな旅するアパートは、随時入居者を募集しております

入居者の皆さまにはさまざまな特典やイベントが!

詳しくは、「どうで荘に入るには」をご覧ください。

記事一覧に戻る