Facebook Facebook Twitter Instagram Youtube 藤村忠寿 嬉野雅道 星アイコン 入居者募集中

嬉野雅道と人生を学ぶ談話会 ーー連載「嬉野珈琲店」準備稿をお茶うけにして

---------------------------

おはようございます。

嬉野です。

 

水曜どうでしょうを見てくれている人が、現代日本に、どれくらいの数おられるのか、計り知れませんが。

でも、未だに水曜どうでしょうで太い金が動きますから、それなりにはおられるのでしょうね。

 

番組を始めて今年で24年です。

 

その間、出演者もスタッフも変わらないなんて、そんなテレビ番組ありませんよ。

 

そんなところからも、醸し出される面白さ、そういったものも水曜どうでしょうには、あるんでしょうね。

 

だって、人間は、関係性で生きていますからね、目の前に誰がいるかで話ぶりまで変わってしまうものです。

そんなにも人間はデリケートな存在で生きているのです。

 

だから大泉くんも鈴井さんも、水曜どうでしょう以外では、なんとなく違う人になっているってことですよ。それは生理的に当たり前のことなんです。

 

相手が変わると自分まで変わるんです。

 

そういうところが人間の生理には厳然とありますから、

藤村さんという人格を目の前にしない限り、あそこまでの悪態をつき続ける大泉さんは出現しないのです。不思議ですね。

 

人類は、出会ったときの関係性のままで、生涯、付き合って行くものです。だから、大泉さんは、ぼくらの中に居る限り、ずっと出会ったときの大学生のまま。永遠の若手に甘んじるしかないのです。これはね、誰の命令でもない、人間の生理のなせるわざなのです。

 

それは不思議なものです。

深淵ですね。

 

さぁ、今年も最新作の放送が近づいています。

 

今度こそ、手応えのないものに成り下がったと、4人が4人ともロケから戻ってから観念していたのに、出来上がると「なんでだか笑えて、ずっと見ていたくなる」。

 

久々に4人だけで旅に出たからとか、もはや、そんなことでは、この面白さの説明などつかない。

 

人間の無意識の振る舞いって凄いですね。

 

ここまでテレビ現場で無意識で仕事ができてしまうチームっているでしょうか。

こんなことが出来るということは、現場にいる4人の関係性が異常に親和してしまっているということです。

 

今回の最新作の旅で、4人が4人それぞれに、現場で不満を意識する瞬間など、たびたびあったことでしょう、特に大泉さん。

 

だから「今回の旅は1番手応えがなかったぞ」という印象がその時間に蓄積されていったはずなのです。

 

でも、どこかでは、その不満も不安も消えてしまう時間もあったということです。

 

そして、その境地は、多く、トークが始まってからの時間にあったのでしょうね。だから場所がどこであれ、トークし始めるとたちまち無我の境となり、無意識の中で互いに面白いことを言ってしまう、そんなことが自由運動で起きてしまう。

 

そして、それらが無意識であったからこそ、4人の意識に残らなかった。

こうして旅の終わりに残ったのは、不満と不安を意識した瞬間の蓄積だけだった。

 

そんなことを思いました。

また新たに大事なことを経験してしまったのです。

 

こんなにも成長を続けるテレビ番組は、世界に水曜どうでしょう以外には、おそらくないでしょう。

 

そんな恐るべき番組を、幸運にもみなさんは発見し、追い続けてきた。それこそが皆さんの運です。

 

この先の人生、こうなったらもう、全員で幸福になってまいりましょう(^^)

 

ここに幸あれ。

 

とはいえ、とくに手応えはないですよ(^^)ただ、なんかずっと見ていたいと思うだけの旅です。でも、ぼくらは今、それが一番好きです。

----------------------------

「嬉野さんと人生を学ぶ談話会」当日の音声の一部はこちらから視聴できます。

https://youtu.be/JmPKZntymQg

記事一覧に戻る